新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは? (2020年9月16日)

これが事実なら事前に防止できた人為的事故だった可能性が高いです。 香港大学の代弁人は「イェン博士はこれ以上、学校の職員ではない」と明らかにした。 新型コロナウィルスに関係して、もう一つリスクがある。

新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは? (2020年9月16日)

イェンリーモン博士は9月11日、イギリスのトーク番組「Loose Women」にリモート出演した際、新型コロナウイルスが自然発生したものではなく人為的に作られたものだと明かしました。 イェン博士は香港大学での勤務中に身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態だ。 (より) 日本や中国では、新型コロナは終わったような雰囲気になっている。

6

イェン・リーモン(閆麗夢、Limeng Yan)博士とは何者?コロナは人工的に作られたものなのか?

しかも、致死率30%の強毒タイプを。 その後イェンリーモン博士は2020年4月28日、真実を世界に伝える義務感からアメリカに亡命したと語っています。

新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは?|ニフティニュース

米国の大統領選挙に対する「中国介入説」に続き、選挙結果が裁判沙汰になりつつある中、彼女のこれからの動きが更に注目されている。 これに先立ち、イェン博士は中国本土に派遣され、新型コロナの集団感染の事例を調査したという。 555• イェンリーモン博士は新型コロナウイルスの発生源に関する、科学的証拠を掴んでいると語っています。

14

<W解説>米国に亡命し「新型コロナ人工説」を提起した中国の科学者、その後の近況│韓国IT・科学│wowKora(ワウコリア)

新型コロナウイルスは2020年9月現在、世界全体の感染者数が2900万人を越え、死者は90万にも達しています。 【関連写真】この記事の写真をもっと見る 香港大学の公衆保健学部でウイルス学と免疫学を専攻したイェン・リーモン(Limeng Yan)博士は11日(現地時間)に公開された英国メディアITVのトークショー『ルーズウーマン』とのインタビューで「ウイルスが武漢の水産物市場ではなく、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する予定だ」と明らかにした。 ワクチン開発には概ね半年の期間を要する。

13

中国の科学者が暴露「新型コロナ、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する」│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

イェン博士はまた「フォックスニュース」とのインタビューでも「新型コロナに対する真実を明らかにするために米国に来た」とし、「もし中国でこの事実を暴露したら、私は殺害されただろう」と話した。

香港のウイルス学者「新型コロナウイルスは中国の武漢ウイルス研究所から出た」と暴露 同学者は身辺に危険を感じ、米国へ亡命している状態

Unusual Features of the SARS-CoV-2 Genome Suggesting Sophisticated Laboratory Modification Rather Than Natural Evolution and Delineation of Its Probable Synthetic Route. イェン博士は、「米国に居住するとある有名なユーチューバーの助けで、中国政府はコロナウイルスの人間間伝染についてすでに知っていた」と暴露した。

19

<W解説>米国に亡命し「新型コロナ人工説」を提起した中国の科学者、その後の近況│韓国IT・科学│wowKora(ワウコリア)

それは何を意味しているのでしょうか?近々トランプ大統領から重大発表があるようだ。

11