事業所詳細情報 多機能型事業所「ぴのきお」

放課後等デイサービスは 「主たる事業所」のほか、 一体的かつ独立したサービス提供の場として、「従たる事業所」を設置するこ とが可能であり、これらを一つの事業所として指定することができます。 多機能型の人員配置基準例 例)放課後等デイサービス事業との児童発達支援事業(定員計10人)の場合 事業所共通 管理者:1人配置(原則として専従。 【目次】 小規模多機能型居宅介護とは 小規模多機能型居宅介護の特徴 小規模多機能型居宅介護とは、介護保険制度で創設された地域密着型サービスの一つで、同一の介護事業者が「通所 デイサービス 」を中心に、「訪問 ホームヘルプ 」や「泊まり ショートステイ 」を一体的に提供することができます。

2

多機能型事業所とは?従たる事業所との違いは?

以下、各ケースごとに人員・運営基準の特例について見ていきます。

10

多機能型と従たる事業所

サービス誕生の背景 小規模多機能型居宅介護は平成18年4月に行われた介護保険法改正によって、地域密着型サービスの一つとして誕生しました。 利用までの流れ• 1、 多機能型事業所あゆみの目的 障害のある方々に対して、自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう支援を行っていくことを目的としています。

8

多機能型事業所とは

月額料金は定額制 小規模多機能型居宅介護のもう一つの特徴は 利用料が月額定額制という点です。 設備 ・サービス提供に支障を来さないよう配慮しつつ、一体的に事業を行う他の多機能型事業所の設備を兼用することができる。 児童発達支援(児童発達支援センターを除く)• ウ 苦情処理や損害賠償等に際して、一体的な対応ができる体制にあること。

15

多機能型事業所かえで

対 象 者 主に精神障害者• それぞれの自主性・主体性を尊重し、集団生活や作業活動への参加を通して、 地域社会生活の広がりを目指し日々の活動に取り組みます。 もご利用ください。 風の丘について 一人一人の個性に合わせた療育を行う事業所です 未就学児から高校生まで、幅広い年齢のお子様を対象としています。

13

多機能型児童通所支援・短期入所事業所 風の丘

また、お子様の習熟度に合わせた、きめ細かな学習支援を行っています。

19

多機能型児童通所支援・短期入所事業所 風の丘

2% 介護職員の賃金改善のため、規定要件を満たした事業所の場合加算。

10

事業所詳細情報 多機能型事業所「ぴのきお」

イ 「従たる事業所」の利用定員が障害福祉サービスの種類に応じて次のとおりであること。