演奏中の「感じているフリ」について現代人として御多分に洩れず私は転調に鈍...

しかし、自分の部屋で指揮者になりきっている様は、決して人に見せたくはないし、見られるとひどく恥ずかしく感じます。 ほら、笑って。 これは、世間一般の例や大勢を意味する「ご多分(御多分)」と、ある範囲からはずれるを意味する「漏れる」の否定形の「漏れず」からなる用語で、"ほか(世間)と同様"を意味する表現となっています。

20

ご多分に漏れずの意味・例文・類語!漢字表記の間違いにご注意を

上で述べてきた多分はものごとの大多数という名詞です。

5

【御多分に洩れず】の意味と使い方の例文(慣用句)

実は「多聞」という言葉が存在していて、それと混同してしまうからです。 例えば、友人に「 爆風スランプのランナーってさ、Bメロで一度転調して、サビでさらに転調してる の知ってた?」と言われ、そのつもりで聴き直してやっと気が付く、というレベルです。 何のために転調しているのか、その先に何があるから転調したのかを知った上で、聴き手に「その先にあるJRの乗り換え」を期待させる必要も出てきます。

5

ご多分に漏れずの意味!間違えられやすいので注意が必要!

「聴き手に感じさせるために演技する」 ことは、「作曲家の意図をより多く汲む一助」というか、 「作曲家の意図をより多く聴き手に伝える一助」になると思います。 今までの状態と同じこと ご多分に漏れず私も実験に失敗しました。

5

演奏中の「感じているフリ」について現代人として御多分に洩れず私は転調に鈍...

ご多分に漏れずの使い方・例文! 「私もご多分に漏れず失敗してしまった。 怖いもの見たさで、夜道で振り返ってみたら、後ろに真っ白な女の人が立っていたので、後悔しながら走って逃げた。 「御多分に漏れず」は「世間一般と同じく」「例外でなく」という意味。

演奏中の「感じているフリ」について現代人として御多分に洩れず私は転調に鈍...

ちなみに、「多聞」は、多くの知識があること、多くの人が見聞きしてすでに知っていること。 「例外ではなく、他と同じような」という意味です。

10