発達障害の原因。17万人以上のルーマニア孤児から学べること

経験は、脳が発達していくのを助けるものです。 しかも脳梁の容積と認知力 認識能力 は正の相関があった。 もし親と子との間に適切な愛着が築かれなければ、子どもは 「愛着障害」と呼ばれる症状を示し、その後の人生でさまざまな問題を抱えたり、健全な社会生活や家庭生活が送れなくなったりしてしまう可能性さえあります。

「汚れなき祈り」:ルーマニアの質素な修道院で実際に起こった悪魔祓い事件を、じっくりと説得力を持って描くフィクション

サトマーレ県子ども保護局は県内18か所(内13か所はグループホーム)を管轄している。

幼児体験が影を落とす「チャウシェスクの落とし子」

そのサインを大人が子ども達が問題だと理解して、このような子ども達は信頼できないと、ますます子ども達を追い込むという悪循環になっている姿だと思います。

19

施設より家庭的な環境で育てる 「チャウシェスクの子どもたち」で研究報告 子ども虐待防止世界大会2014

正直さ、率直な振る舞いが特徴です。 ルーマニアの孤児たちに会った研究者のほとんどは、彼らの状態は通常の発達障害とは異なると考えています。 彼女を取り戻そうとするアリーナでしたが、次第に心を病んでいきます・・・。

15

施設より家庭的な環境で育てる 「チャウシェスクの子どもたち」で研究報告 子ども虐待防止世界大会2014

「画期的な」子育て法は、世代を超えて、多くの子どもの心を蝕み、数えきれない人たちに破壊的な影響をもたらしました。 実際に売られたりさらわれたりする子供は、貧しい家庭やストリートチルドレンの出身であることがほとんどのはずです。

20

ワールドナウ

p66 この実験でも、子どもを親から引き離すというひどい扱いがされていますが、その結果としてわかったのは、単にストレスを抱える、というようなものではなく、 脳が明らかに小さくなる、という器質的な変化が起こるということでした。

9

ルーマニアやロシアでは孤児が社会問題になっていますがポーランドや...

それは紛れのない事実でした。 脳は常に刺激されてこそ機能を維持できるわけで、周囲の人間社会からの刺激が無くなると一度完全に獲得した言葉でさえも機能しなくなる危険性があることを忘れてはなりません。

7

チャウシェスクの子供って何?本当にあった少子化対策の結末とは

IQの平均スコアは同年代のより恵まれた子どもたちと比べ、わずかに低いだけとなりました。 布で包まれた小さな顔は、自分たちの身にいったい何が起きているのか、推し量ろうと辺りをきょろきょろ見回していた。 こうした一般庶民の生活を顧みない政治姿勢に国民は失望し、人気も支持も低下していった。

17

ルーマニアやロシアでは孤児が社会問題になっていますがポーランドや...

このほかにもチャウシェスクは首都市内に「」と呼ばれる巨大なを建設し、党や国家の要職もチャウシェスクの家族・親族30人以上が独占していた。