【2020】Macクリーナー・掃除ソフトおすすめ5選

(2020年11月26日時点) ダウンロードしたあとは、AppCleanerのZIPファイルを解凍。 以下、公式サイトになります。

Macアプリを根こそぎアンインストール(削除)できるフリーソフト「AppCleaner」

AppCleanerアプリでアンインストール AppCleanerという無料のアプリを利用することで、関連ファイルも全て削除することができます。 AppCleaner(無料) トップページから「 Downloads」の項目からクリックしてダウンロードします。 簡単の3ステップで、Macからアプリをアンインストール、アプリデータを削除することが可能です。

Macから不要なソフトやアプリをアンインストールする方法

提供元のウェブサイトのサポート情報エリアから探したり、Googleで「アプリ名 アンインストール」「App Uninstall」などで探してみてください。 そして、購入後も60日間返金保証が付いていますから、安心してご利用ください。 ちなみにMacアプリの削除以外にも、重複ファイルの削除やOSの初期化方法もまとめていますので、こちらもあわせてご覧ください。

14

Macから不要なソフトやアプリをアンインストールする方法

5になります。 インストールもWindowsと比べると工数がかかるようです。 AppCleanerは関連ファイルを全てピックアップしてくれて一括削除してくれるありがたいアプリなのです。

Macのソフト・アプリを簡単に削除(アンインストール)する2つの方法

代表的なものでは無料の「AppCleaner」というアプリがあり、こちらを今回ご紹介します。 ですので、とりあえずインストールでもOKだと思います。

Macアプリを根こそぎアンインストール(削除)できるフリーソフト「AppCleaner」

Cleanerも優れているMacファイルクリーナーです。 ただし、次回OSをアップデートした時に、削除したアプリが戻ってくる可能性はあります。

Macのアプリを完全に消去する方法

Launchpadを開き、アクティビティモニタを探してクリックしてください。 Macのアプリ削除はWindowsのコントロールパネルのプログロムと機能から行うのとは全く異なります。 アイコンが消えたらアンインストールは完了です。

【Mac実用技】アプリを安全・徹底アンインストールする方法

そんな時、Windowsであれば「プログラムの追加と削除」でアンインストールをしていきますが、Macの場合、そのように明確なメニューは存在しません。 感覚的にはiPhoneを操作している時と同じですので、一度覚えてしまえば次回からは感覚的に行えると思います。 確認し削除 削除に対する確認のメッセージが表示されますので、確認後「削除」を押します。

11