朝鮮王朝・朝鮮歴代王~第二十七代王までの歴史

文宗年僅12歲的兒子即位。 (886-887)• (-)• (179-197)• 1469-1494• 1910年,《》簽訂,大韓帝國滅亡。

9

母に逆らえず33歳でこの世を去った朝鮮王朝の第13代王・明宗(ミョンジョン)とは(S

その文定王后は、1565年に世を去った。 李承休:《帝王韻紀》下卷。

13

朝鮮王朝時代の血なまぐさい王位継承の事件簿を一挙紹介!!|韓ドラ時代劇.com

. (-)• 1627年2月,後金為先除後患並清剿敗退到朝鮮的明將部隊,征討朝鮮,史稱「」。 日本の方が沖縄の方言を聞いてもその意味が全く分からないのと同じで、韓国の人たちも. 共に西人という党派だったがこれがきっかけで分裂した。 美國報復攻擊導致發生,派艦隻「亞細亞號」攻打江華島但又被當地軍民擊退,兩次小衝突勝利讓李氏自得意滿,鎖國政策更甚。

20代王・景宗(キョンジョン)/朝鮮王朝国王列伝20

(737-742)• 此外,在著名的的基礎上,朝鮮王朝時期還開發出獨具特色的。

4

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(21代王・英祖編)

たった4年あまりの在位だった。

20

派閥争いを治めた21代王・英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝国王列伝21

(1339-1344)• (李昪、1849-1863)• (1122-1146)• 但舍門將軍號繼續溯江而上,崔蘭軒等人上岸偵察,準備盜掘當地王陵。

10

派閥争いを治めた21代王・英祖(ヨンジョ)/朝鮮王朝国王列伝21

得其地不足以供給,得其民不足以使令」 ,將朝鮮列為不征之國 : 226。 景宗派と延礽君派は常に相手の失脚を計画していた。 「高句麗は紀元前1世紀末、ツングース系のによって建国(鳥越憲三郎『古代朝鮮と倭族』)」• (-)• 朝鮮王朝前期の国王 <国王> <生年~没年> <在位の期間> <続柄> 1 太祖/テジョ 1335~1408年 1392~1398年 2 定宗/チョンジョン 1357~1419年 1398~1400年 太祖の二男 3 太宗/テジョン 1367~1422年 1400~1418年 太祖の五男 4 世宗/セジョン 1397~1450年 1418~1450年 太宗の三男 5 文宗/ムンジョン 1414~1452年 1450~1452年 世宗の長男 6 端宗/タンジョン 1441~1457年 1452~1455年 文宗の長男 7 世祖/セジョ 1417~1468年 1455~1468年 世宗の二男 8 睿宗/イェジョン 1450~1469年 1468~1469年 世祖の二男 9 成宗/ソンジョン 1457~1494年 1469~1494年 世祖の孫 10 燕山君/ヨンサングン1476~1506年 1494~1506年 成宗の長男 11 中宗/チュンジョン 1488~1544年 1506~1544年 成宗の二男 朝鮮王朝中期の国王 <国王> <生年~没年> <在位の期間> <続柄> 12 仁宗/インジョン 1515~1545年 1544~1545年 中宗の長男 13 明宗/ミョンジョン 1534~1567年 1545~1567年 中宗の二男 14 宣祖/ソンジョ 1552~1608年 1567~1608年 中宗の孫 15 光海君/クァンヘグン1575~1641年 1608~1623年 宣祖の二男 16 仁祖/インジョ 1595~1649年 1623~1649年 宣祖の孫 17 孝宗/ヒョジョン 1619~1659年 1649~1659年 仁祖の二男 18 顕宗/ヒョンジョン 1641~1674年 1659~1674年 孝宗の長男 19 粛宗/スクチョン 1661~1720年 1674~1720年 顕宗の長男 20 景宗/キョンジョン 1688~1724年 1720~1724年 粛宗の長男 朝鮮王朝後期の国王 <国王> <生年~没年> <在位の期間> <続柄> 21 英祖/ヨンジョ 1694~1776年 1724~1776年 粛宗の二男 22 正祖/チョンジョ 1752~1800年 1776~1800年 英祖の孫 23 純祖/スンジョ 1790~1834年 1800~1834年 正祖の二男 24 憲宗/ホンジョン 1827~1849年 1834~1849年 純祖の孫 25 哲宗/チョルチョン 1831~1863年 1849~1863年 正祖の系統 26 高宗/コジョン 1852~1919年 1863~1907年 宣祖の系統 27 純宗/スンジョン 1874~1926年 1907~1910年 高宗の二男 朝鮮王朝27人の王の平均寿命は約46歳である。

11

母に逆らえず33歳でこの世を去った朝鮮王朝の第13代王・明宗(ミョンジョン)とは(S

わたしの楽しみの1つはNHKで放送されている韓国王朝ドラマをみることです。 。 彼は、いったい何をしてそう呼ばれるようになったのだろうか。

15