価格表

当然ですが、NATはどれも対応しています。

20

RTX1210 特長

最大スループットです。

2018年ブロードバンドルータ比較検討 最新モデルがやっぱり良い!?

スイッチ、無線LANアクセスポイントの統合管理機能であるスイッチ制御の画面を『RTX1210』では「LANマップ」として再構成し、LAN内のネットワーク構成をよりわかりやすく表示できるようになりました。 さらに、マルチポイントトンネル機能が加わり、センター拠点をRTX1210、拠点をRTX830にすることで、VPNを一つの設定で実現することができます。 26以降のファームウェアが必要 YBB-8FE-TX 98,000円 49 60693 20081 0 8x100イーサネット拡張モジュール YBB-2GE-SXT 198,000円 49 60693 22348 2 ギガビットLANモジュール Rev. また、VPN対地数にも差があり、拠点間接続(IPsec)の場合は、RTX1210は100なのに対して、RTX830は4となります。

RTX1210 特長

さらにFWX120で実現した「ダッシュボード」機能を『RTX1210』の新GUIでもお使いいただけます。 光回線を収容可能な小型ONUポートを搭載しています。 MR-GL2000以外は本体メモリ128MBか256MBですね。

7

e

中小規模ネットワークでは専任のネットワーク管理者が常駐していないケースが多く、設定、運用、管理の負荷軽減を強く求められています。 個人ユースなら10kでも多分困らない。

価格表

さらに異常の自動検知およびその通知等、トラブル発生時の原因究明に役立つ機能も併せて提供することで、ネットワーク管理者にやさしい管理、運用の環境を提供します。 調べてみたら、2004年~2008年1月のロットみたいで、既に10年以上経過していることになります。 小規模かつ、リモートアクセスの設置台数もそこまで多くないのであれば、RTX830で十分対応可能です。

Biz Boxルータ 「RTX1210」(情報機器)の基本情報(価格)|NTT西日本|オフィス光公式

そのため、多様なLAN環境に柔軟に対応できます。 ハードウェアのスペックや、 細かい設定の上限値などは分からないことも多いですし、横並びで比較できるほど情報がなかった 項目はやむなく除外しています・・・orz まずは今でも購入可能な3機種。 繰り返しになりますが、YAMAHAネットワーク機器は、非常に丈夫に設計されているため、一度設置してしまえば、10年は現役でいることも決して珍しくありません。

【ぷらっとオンライン】YAMAHA ルーターシリーズ価格表|通販

*9 全てのUSBメモリの動作を保証するものではありません。 30以降のファームウェアが必要 YBB-2GE-LXT 298,000円 49 60693 22349 9 ギガビットLANモジュール Rev. 2008年に発売したRTX1200は省エネ、モバイルネットワークなど、企業ネットワークに求められる要件を先取りし、国内市場をリードしてきました。 3GHzが良さそうですよね。

8

2013年国内SOHOルータ市場1位、拠点向けVPNルーター新モデル 従来モデル『RTX1200』の機能を継承し、GUIを刷新 ヤマハ ギガアクセスVPNルーター『RTX1210』

『RTX1210』ではRTX1200のコンセプトを完全に継承すると同時に、新しい時代に対応するための改善を積極的に行いました。