ヤッシャ・ハイフェッツ 〜完璧と高潔〜

作曲と編曲 作曲の才能にも恵まれていたハイフェッツは、数多くの作品を編曲し、自らリサイタルで弾いていた。

1

【ハイフェッツ病】天才すぎて周りを闇落ちさせるバイオリニストの漫画が話題に

だから彼は世界の創造主とされる神が直々に教える選ばれし生徒。 以来、ハイフェッツの名は「完璧」と同義になり、やがて「ヴァイオリニストの王」と呼ばれるまでになり、多くのヴァイオリニストが彼の高度な技巧と比較される憂き目に遭った。 [2]• 凄さを伝えるエピソードはほかにもある。

2

超天才ヴァイオリニスト、ハイフェッツによる超ヘタクソな演奏がこちら

格調の高さ、密度の濃さ 「ツィゴイネルワイゼン」「序奏とロンド・カプリチオーソ」「スペイン交響曲」といった作品を、これ以上望めないほどのヴィルトゥオジティで音楽的に表現し尽くしたことも、ハイフェッツの功績と言っていい。 「あなたのように完璧な演奏をしたら、神様が嫉妬して怒ります。

15

ヤッシャ・ハイフェッツとは (ヤッシャハイフェッツとは) [単語記事]

また、彼の場合、作品を多くの聴衆に受け入れられやすくする狙いもあっただろう。 [2]• が、1944年にアルトゥーロ・トスカニーニの指揮で演奏したライヴ音源の方が、ある意味、ハイフェッツらしさが出ていると言えるかもしれない。 生まれついてのがも振らずに努し続けた結果とは言え酷い話である。

ユラヰ@新規卓3月以降(@yuraiiii999)のプロフィール

Jascha Heifetz — Mendelssohn Concerto 3 Mov. 変わり者の祖父につけられた名前がコンプレックスで普段は姫崎ジンを名乗っている。 当時ユダヤ人がサンクト・ペテルブルクに住むことは禁じられていたため、アウアーは特別許可を得るために奔走したという。 「調律は頼んでおりませんが?」「いえ、頼まれました。

9

ヤッシャ・ハイフェッツとは (ヤッシャハイフェッツとは) [単語記事]

その生涯 ヤッシャ・ハイフェッツは1901年2月2日、ロシア領ヴィリナで生まれた。 協奏曲を演奏する際、作曲家の楽譜に手を加えて、書き換えていたことについては、否定的な意見を持つ人も少なくない。 [1]• しかし、彼はこの作品を弾き続け、録音し、1972年の引退リサイタルでも取り上げた。

4

ヤッシャ・ハイフェッツとは (ヤッシャハイフェッツとは) [単語記事]

フリッツ・ライナー、シャルル・ミュンシュと組んだ4大ヴァイオリン協奏曲が録られたのもこの時期だ。

14