ヘーゲルの精神現象学が難しすぎる件【入門におすすめの本はこれ】

c法の支配• しかしこのような認識のもとでは超越的なものの存在は決して体験できず、物の領分と心の領分は交わらず互いに閉鎖的なものとなってしまい、それゆえにこういった超越的なものを存在者として認識の対象とみなすことそのものが無意味になってしまう。

ヘーゲルの弁証法の原型となる『精神現象学』における植物についての生命の弁証法的展開の構造

私が『精神現象学』を読み始めたのは、およそ十年前に遡ることができる。 この過程が「精神現象学」である。 「ああ、弁証法というのはこういうものか」と感激しましたが、正直いうとちょっと煙に巻かれて誤魔化されているような気分でした。

13

ヘーゲルの精神現象学は、色々な方々が訳されてますが誰が訳されてる物が今の...

たとえば解剖学とは、生命を欠いて現にある存在という側面から考察された、身体のさまざまな部分にかんする知識といったものである。

5

精神現象学とは

フランスにおいて現象学を展開したのはサルトルとメルロ・ポンティである。 次第にフッサールとミュンヘン学派は思想的相違から懸隔を生じさせ、1916年にフッサールがへ移る頃には、その対立は決定的になっていた。 プラトンとヘーゲルの大きな違いは、神様しか持ち得ない超自然的な概念を、人間のもとに取り戻し、そして自ら拡大する精神を持つと考えたことです。

5

ヘーゲル『精神現象学』覚書(4)|Sakiya ARAKAWA|note

立松 2009:153• これに対してノエマは志向的体験の実的ではない構成要素ということができ、ノエマ的意味という意味化された対象の規定の契機を持ち、このノエマ的意味という内実に、対象がいかにあるかという作用的な存在性格の様相すなわちノエマにおけるノエシス的契機をふくむことによって、充実したノエマあるいはまったきノエマとなる。 の3段階を示す。 そもそも、ヘーゲル自身はどうだったのか。

ヘーゲルの精神現象学が難しすぎる件【入門におすすめの本はこれ】

難解をもって知られ、多くの哲学者に影響を与えた。 『知覚の現象学』はゲシュタルト心理学を批判的に乗り越えることによって、生きられた世界、知覚の主体としての身体を現象学的に分析している。

20

ヘーゲルの精神現象学が難しすぎる件【入門におすすめの本はこれ】

つまり、神様が作った、固定的な世界ではなく、人間が自らの手によって作り替え、歴史を作っていくものだと捉えたわけです。 拙速な解釈に対して慎重になることが全ての理論に共通で、理論が完全になることを望まず、むしろ他の経験の自立性が配慮されるとともに徐々に具体的になっていく日常の経験的領域が結合していくようである。

13