ケン・マイルズ

フォード。 その中にはその後シェルビー・アメリカンのブレインとして活躍するフィル・レミントンなども含まれていた。 物語ではマット・デイモン演じるとクリスチャン・ベイル演じるがこのGT40を駆け、ル・マン24時間レースを勝利へと導きます。

9

レース失格のピンチに、“逆ギレ”する破天荒ケン・マイルズ『フォードvsフェラーリ』本編クリップ初解禁|映画の時間

フォードチームの1-2-3フィニッシュを伝えるプレスリリース。

フォードvsフェラーリ

After almost a day of testing at Riverside International Raceway in the brutally hot Southern California desert summer weather, Miles approached the end of the track's 1-mile 1. This particular car, J-4, won the 1967 Miles is interred at the Abbey of the Psalms Mausoleum of the in ,.。 10月14日 パット・ピゴット スポーツカー (アメリカ) リヴァーサイドでのスポーツカー・レースで 事故死。 1月19日 ジョー・ウェーザリー ストックカー・レース (アメリカ) 1月19日、リヴァーサイドでのストックカー・レースで事故死。

フォード・GT40

同時にコンペティション仕様のGT350Rも生産市販されている。 その理由は、フォードがフォードGTの開発と製造、さらにワークスチームの運営とそれらレースカーのメンテナンス、フォードの新型市販車のスポーツモデルの開発と製造までを一気に依頼してきたためであった。

13

1966年、歴史にいまも輝く栄光のル・マン【フォード GT40はいかにして神話になったのか。最終章】

当時、トヨタとヤマハはドライブミスとする見方を示したが、事故後の現場検証が企業機密の名の下にほとんど行われず、後の福沢裁判で大いに争点となっている。 その内容はフォードがエンジン、トランスミッション、その他のパーツをシェルビー・アメリカンに提供し、その見返りとしてボディサイドに"Powed by Ford"のプレートを着けることであった。

17

ケン・マイルズとGT40のレースヒストリー。映画『フォードvsフェラーリ』で描かれなかった真実とは?

また、ル・マンのレギュレーション変更に伴い、スペアタイアを搭載するためのスペースを確保するため、フロントノーズのデザインが変更。 結果は優勝し、2連覇を達成。

14

1966年、歴史にいまも輝く栄光のル・マン【フォード GT40はいかにして神話になったのか。最終章】

元々、ブランドが欲しくてフェラーリの買収に乗り出したFord社。

3