CASS試験や塩水噴霧試験などの促進試験は実際の環境では何ヶ月くらいに相当するのでしょうか? / 品質、試験方法、ISO / メッキ、焼付塗装、電着塗装の株式会社ワカヤマ|チタン、ステンレス、アルミニウムなどの装飾品から異種金属接合や工業部品まで加工

なお,この範囲を外れたときには,再度調製する。 照合試験片の保持器は,プラスチックなどの不活性材料で作るか又は被覆する。

3

塩水噴霧試験・塩水複合サイクル試験・キャス試験|信頼性評価試験、環境試験|OKIエンジニアリング

注:酸化クロム及びクロム酸水溶液は毒性があるので,その取扱いは皮膚及び粘膜に触れないように十分に注意する。 くえん酸水素二アンモニウム JIS K 8284 200g 蒸留水を加えて 1 000ml にする。

塩水噴霧試験・塩水複合サイクル試験

技 術的差異はない。 3 キャス試験 試験用塩溶液 1 リットルにつき,塩化銅 II 0. 3 キャス試験 試験用塩溶液1リットルにつき,塩化銅 II 0. 対応国際規格の不採用:試験装置の再現性の評価方法 なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

JIS Z 2371:2000 塩水噴霧試験方法

00を超えるもの レイティングナンバ(RN)と腐食面積率(A)との関係は,次のとおりである。

塩水噴霧試験・塩水複合サイクル試験

e 塗膜などの有機被膜をもつ試験片を用いる場合において,受渡当事者間の協定がないときは, 附属書 C(塗膜などの有機被膜をもつ試験片の作製)によって試験片を作製する。 1 照合試験片 腐食性に関わる装置の再現性の検証方法に用いる照合試験片は,次による。

11

CASS試験や塩水噴霧試験などの促進試験は実際の環境では何ヶ月くらいに相当するのでしょうか? / 品質、試験方法、ISO / メッキ、焼付塗装、電着塗装の株式会社ワカヤマ|チタン、ステンレス、アルミニウムなどの装飾品から異種金属接合や工業部品まで加工

2 の範囲にあるようにしなければならない 5。 5 噴霧装置 噴霧装置は次による。 3 懸濁物のろ過 試験用の塩溶液は,噴霧前に懸濁物があってはならない。

6

塩水噴霧試験に関するまとめ|株式会社ケミコート

ペースト状の沈降性炭酸カルシウ ム,酸化アルミニウム及び酸化マグネシウム以外の研磨剤,腐食性の又は保護皮膜を生じる洗浄剤を 用いてはならない。 この場合に は,その旨を試験報告書に記載する。

腐食性を極める

3 試験片の調製 9 8 試験片の配置 9 9 試験条件 10 10 試験時間 10 11 試験中の注意事項 11 12 試験後の試験片の処理 11 13 試験結果の表し方 11 14 試験報告書 12 附属書A(参考)噴霧液の排出及び排水の処理装置をもった装置の一例 14 附属書B(参考)腐食性に関わる装置の再現性の検証方法(亜鉛の照合試験片) 16 附属書C(規定)塗膜などの有機被膜をもつ試験片の作製 18 附属書JA(参考)試験片の置き方及び位置 20 附属書JB(参考)腐食生成物の除去方法 21 附属書JC(規定)レイティングナンバ方法 25 附属書JD(参考)JISと対応国際規格との対比表 40 Z 2371:2015 (2) まえがき この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人表面 技術協会(SFJ)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正 すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。 天井又はふたは水平線から 25度以上の角度の傾斜を付けて,そこに集まった液滴が試験板の上に落ちないようにする。

15