【新型コロナウイルス】小学校休業等対応助成金の短時間授業や勤務時間短縮時取り扱いQ&A、申請方法の動画をご紹介!

就業規則に規定しない場合でも、利用を検討している事業主は、 のちのちの労使間のトラブルにならないように、先ほどの厚生労働省のパンフレットの対象者や要件の部分を文書にして明確に周知したほうが望ましいですね。 障害のある子どもについては小学校に限らず、高校生まで対象となっています。

厚労省「小学校休業等対応助成金に係る特別相談窓口」開設

小学校休業等対応助成金の条件 事業者であれば、すべてが対象範囲となりますが、助成金を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。 助成金の活用に労務担当者が悩まず、現状を乗り越えていくことに全力を注げるようにお伝えしました。 労働条件通知書は勤務時間や勤務地など社員の労働条件を詳しく説明している書類。

1

小学校休業等対応助成金は事後対応が可能です!

実際に申請時には、各学校の「 休校のお知らせ」など休校日がわかる書類を添付します。

20

小学校休業等対応助成金:農林水産省

しかし国が助成できるのは日額8,330円まで。 また、使用者が労働者の合意を得ることなく就業規則の変更により労働条件を不利益に変更する場合には、当該変更が、当該変更に係る事情に照らして合理的なものである必要があるとされていることに留意が必要です。

【コロナ支援】個人向け給付金・助成金の課税・非課税をまとめます

新型コロナウイルス感染したまたは、風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども の世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主に対する助成金です。

2

小学校休業対応助成金(1日8,330円~15,000円)の支給要件を確認

) 期限に余裕をもって申請してください。 学校の春休みなどにかかわらず、令和2年2月27日から同年3月31日までの間は対象 となっています。 半日・時間単位の休暇も対象となります• 学校だけでなく、学童保育等の一部も助成対象となる• 例えば、5/18日から会社も休業となれば、先の特休18日間とうのが「特急8日間」+休業10日間になるので、後者の休業の場合は雇用調整助成金で平均収入の60%程度が支給されるケースになるかもしれません。

5