ゴールドポイントマーケティングの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

して手続きできなくなってしまうのです。 クレジットカード事業全般について、と業務提携を行なっており 、カード入会審査業務をプロセントに業務委託している。 ゴールドポイントマーケティングの経営状況は非常に安定していますが、実際に過払い金を請求するのはアプラスインベストメントになります。

20

ゴールドポイントマーケティングの取引履歴を自分で取り寄せる手順・リスクと注意点

しかし、 残っている借金より過払い金が少なかった場合は、貸金業者と借金の減額を交渉する任意整理という手続きになりブラックリストにのります。

5

ゴールドポイントマーケティングの過払い金請求に強い法務事務所【司法書士法人杉山事務所】

相談・調査料、着手金は完全0円!• 2010年にソニーファイナンスインターナショナルのソニーカード提携カード「ヨドバシゴールドポイントIC eLIO」の提携終了に伴い、2010年11月1日にカード事業を継承、カードの名称を「ゴールドポイントカード・プラス」に変更し、カード事業は三井住友カードと業務提携しています。 ゴールドポイントカードへ過払い金を請求するには、取引履歴の請求、正しい利率での計算、根拠をもとにした請求、ゴールドポイントカードの交渉担当との交渉、和解、場合によっては裁判等、専門的な手続きが必要です。 ソニーファイナンスインターナショナルはアプラスインベストメントに事業譲渡しているという複雑な関係です。

18

株式会社ゴールドポイントマーケティングの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0658)

取得理由を聞かれたときは「契約内容を確認したい」「これまでの取引履歴を確認するため」と答えておきましょう。 しかし、ゴールドポイントマーケティング以外のクレジット業者でも同様ですが、過払い金請求の消滅時効自体は存在するので、この期限が来る前に請求する必要があります。 多額の過払い金を支払いたくない貸金業者が、本来取り戻せるはずの金額よりも少額の金額を「すぐに支払う」と提案してきているので、和解案のほとんどが債務者にとって不利な条件となっています。

12

お問い合わせフォーム

電話で取り寄せる方法• 詳細はゴールドポイントマーケティングにお問い合わせください。

20

お問い合わせフォーム

デメリット• もし「過払い金を請求するため」と答えてしまうと「これまで支払っていた利息を過払い金と認識して返済していた」と貸金業者に主張される場合があります。 入会費・年会費無料。

13

お問い合わせフォーム

2007年6月までのソニーカード時代にキャッシングをしていた ゴールドポイントマーケティングのクレジットカードは、以前はソニーカードとヨドバシカメラが合同で発行していました。 それ以外では損害保険代理店事業も手掛けています。

株式会社ゴールドポイントマーケティングの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0658)

残業時間は日によりますが、平均1日1~2時間、多い日は3時間近く残業する人もいます。

9

お問い合わせフォーム

これはソニーカードが事業譲渡をして、過払い金の支払いの責任もアプラスインベストメントに移ったためです。

1