「大使館」と「領事館」の違いとは?分かりやすく解釈

ビザを発給してくれるのは?そう大使館と領事館ですね!ご機嫌いかがですか?ケビンです。 海外に住んでいる自国民の保護や、情報収集、国際交流を目的としているため。 総領事館のトップは総領事という階級の方です。

大使館と領事館の違い領事館と総領事館との違いも含め教えていただけないでしょ...

戦時中は日本にとって重要な国、力のある国には大使館を 設置し、それ以外の国には公使館を設置していました。 現在の日本の外交使節で、公使が長となっている在外公館はありません。

8

領事館

総領事館・領事館の設置は派遣国の任意になります。

14

コトバ解説:「大使館」と「領事館」の違い

ただ、日本国外務省では領事館を総領事館に格上し、公使館を大使館に格上げしたことから、現在では領事館と公使館は一部を除いて存在しません。 これらの外交官は、外交関係に関するウィーン条約によって、外交特権が認められています。 領事館はその国から派遣される領事の拠点であるのに対し、名誉領事館では、地元の一般国民が名誉領事として任命されるというのが領事館との大きな違いです。

大使館と領事館の違い領事館と総領事館との違いも含め教えていただけないでしょ...

『大使館国際関係史 在外公館の分布で読み解く世界情勢』 在外公館の分布遍歴を元に、国際政治の世界史的転換期を分析している。

7

大使館と領事館の違いをわかりやすく解説

その場合は、領事館も複数設置することになります。 「領事館」の意味と概要について紹介します。

大使館と領事館の違いとは?知っておきたいそれぞれの役割を紹介!

領事が接受国において職務を行います。 以上のように総領事館は関係国国民の事務手続きをたくさん担当することになる機関です。 慣習上、また「外交関係に関するウィーン条約」(昭39条14)などの条約により、使節団の長にはランクがあり、最上級が特命全権大使(略して大使)、特命全権公使(公使)、代理公使となります(実務上、大使には臨時代理大使、代理大使というものもあります)。

13

大使館と領事館の違い領事館と総領事館との違いも含め教えていただけないでしょ...

なお、総領事館と副領事館の英文名称は同条約においてもっぱらハイフン付きで言及されているが、ハイフンなしで Consulate General あるいは Vice Consulate と称されることも少なくない。 「領事館」と 「大使館」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。 しかし国によって名称は様々です。

13

大使館と領事館の違いをわかりやすく解説

大使館に不測の事態が発生すれば、総領事館・領事館に大使館の機能をスムーズに移転できます。 大使は接受国の元首に対して、公使は外務大臣に対して派遣されるものとされています。 領事館 領事館とは、 領事と呼ばれる人が外国に住み自国民の保護や、貿易を良くするための仕事をする機関のことを指します。