「1894年 Visions:ルドン・ロートレック展」を観てきました。

こちらは、1878年にフランスへ留学していた山本芳翠(ほうすい)の作品。 号館美術館では、「1894 Visions ルドン、 ロート レック展」 2021年1月17日まで が開催されています。

7

「1894 Visions ルドン、ロートレック展」 三菱一号館美術館(東京・丸の内)開催中

応援団としての私はこれに行かない。 すべてのプランに「1894 Visions ルドン、ロートレック展」チケット(一般2,000円)1枚をセットでお届けします。

19

フラワーロスを削減!ルドン&ロートレック作品をイメージした花束が登場

TUE• でもそれを描いたルドン自身はいったい何を見ていたんだろうか、描かれたモチーフの視線はルドンの視線なんだろうか、という想像も掻き立てられました。 私は、「グラン・ブーケ」を送ってもらうことに! 写真は「グラン・ブーケ」。

11

アートな時間:美術 1894 Visions ルドン、ロートレック展=石川健次

SAT• 同館コレクションの中核をなす二人の作品と岐阜県美術館所蔵の作品を中心に、ルドンの貴重な木炭やパステル画、ゴーガンの多色刷りの木版画、山本芳翠など明治洋画の旗手の作品など前期・後期それぞれ約 120点の作品が展示される。

4

フラワーロスを削減!ルドン&ロートレック作品をイメージした花束が登場

上にのっているのは、トマトのジュレと、生うに。 新型コロナウイルスの影響を受け、今年3月以降は結婚式や葬儀等の式典やコンサート等のイベントが中止・延期されて、美しく咲いた花々が、その行き場を失ってしまいました。 その絵画的な要素と、ロートレックだからこそ見える切り口、場面の切り取り方がうまいなと思いました。

12

「1894年 Visions:ルドン・ロートレック展」を観てきました。

一押しはかわい […] Posted in• メニュー名から何となく推測できる通り、モノクロの前菜、彩り豊かなメインで、ルドンの作品がモノクロから色彩を帯びていく様を表現しています。 目でも舌でも展覧会を味わってみてはいかがでしょうか? 三菱一号館美術館と岐阜県美術館。

3