大鏡「鶯宿梅」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

名詞 天元五年二月十九日、 名詞 御元服、 名詞 御年十五。

20

大鏡「鶯宿梅」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

【鶯宿梅(おうしゅくばい)/大鏡】 《勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へむ》 『書き下し文』 天暦の御時に、 清涼殿の御前の梅の木の枯れたりしかば、求めさせ給ひしに、 なにがし主の蔵人にていますかりし時、承りて、 若き者どもはえ見知らじ。

大鏡「花山院の出家」原文と現代語訳・解説・問題|花山天皇の出家・花山院の退位

冷泉院の第一の皇子 なり。

17

早急に鶯宿梅の現代語訳を正確に教えてくださいm(__)mよろしくおね...

[辛くなりにき] つらくなってしまいました。 御年十九歳。 答え:某主が村上天皇から、清涼殿の前の庭に植える梅の木を探せという命令を承った。

16

大鏡「鶯宿梅」原文と現代語訳・解説・問題|歴史物語

どういう人物だと推察できるのか。

大鏡鶯の宿鶯宿梅昔物語ノ二品詞分解

あちらの梅、こちらの梅と、巷で評判になっております梅、 それこそ何百という梅の木を見たのでございます。

11

大鏡『雲林院の菩提講』現代語訳(1)

必要があれば文法書 桐原書店「総合英語 Forest」 を参照しつつや. 続きはこちら. 「いとをかしうあわれにはべりしことは、この天暦の御時に、清涼殿の梅の木の枯れたりしかば、求めさせたまひしに、なにがしぬしの蔵人にていますがりし時、承りて、『若き者どもはえ見知らじきむぢ求めよ。 現代語訳 永観二年八月二十八日に、(花山天皇は)御即位なさいました。 [のちにぞ] 後になって。

1

「鶯宿梅」の現代語訳について。古典

御出家なさってから、二十二年御存命でいらせられました。 さてもぬしの御名はいかにぞや。 [思し召しならせおはしましぬるぞ] お思いになられたのですか。