正岡子規の『絶望名言』 前編|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

また、あまり知られていないが漢詩作者としても著名である。

2

【日本を代表する歌人】正岡子規とはどんな人?生涯・名言・死因

俳句,短歌ともに写生 をとする文学であることを主張,俳句では内藤鳴雪,佐藤紅緑,河東碧梧桐,高浜虚子ら,短歌では香取秀真,岡麓,伊藤左千夫,長塚節らのを育て,のちの『ホトトギス』派,『アララギ』派のを築いた。 東大国文科中退。 (明治26年)に「獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)」を連載し、俳句の革新運動を開始した。

正岡子規について

年表 西暦(年齢) 1867年(1歳) 伊予国温泉郡藤原新町 いよのくにおんせんぐんふじわらしんまちにて、松山藩士の父正岡常尚の長男として生まれる。 正岡子規が最後に夏目漱石に送った手紙っていうのがあるんですけど、それがまた何とも言えない味わいのある手紙なんです。 また新海非風との連作で、日本初の野球と目される『』を執筆した。

16

俳句の歴史・正岡子規

落語がそうだったように、2人は同じものを好む傾向があったのでしょうか。

17

【日本を代表する歌人】正岡子規とはどんな人?生涯・名言・死因

ここから「獺祭魚」には「書物の散らかるさま」という意味が転じる。

12

正岡子規

『正岡子規ものがたり』 子規の生涯をものがたり形式でつづり、かれの遺した作品とともにたどります。 死を悟った正岡子規が、 死の直前に残した最期の俳句なのです。

13

正岡子規について知れる5冊の本。34年の短い生涯や夏目漱石との友情

『俳人蕪村(はいじんぶそん)』を発表。

6