吹田市|成年後見制度利用支援事業

生活保護受給者• 鑑定料は 100,000円を限度とする。 ) (様式第1号) 美作市成年後見制度利用支援事業助成申請書(申立費用) (様式第2号) 美作市成年後見制度利用支援事業助成申請書(報酬費用) (別紙様式1) 収入 ・ 資産等申告書 (別紙様式2) 美作市成年後見制度利用支援事業助成金請求書 (参考様式) 委任状 【市長申立てについて】 認知症高齢者又は知的障害者、精神障害者について、本人に身寄りがない等の事情により、本人、配偶者、四親等内の親族などによる申立てを行うことができない場合で、本人の「福祉を図るために特に必要があると認めるとき」は、市町村長が申立てを行うことができます。 これを受けて各市町村でも「成年後見制度利用支援事業」を行っているのですが、事業内容は自治体によって異なり、まだ支援事業を行っていない自治体も少なくありません。

5

京都市:成年後見制度利用支援事業(申立費用・報酬支給)について

今後は、一人暮らしの高齢者が増えると予測されることから、これらの事情で成年後見人制度が利用できない高齢者はますます増加すると考えられます。 (注)判断能力:売買や贈与等をする際に,その行為が自分に有利なのか不利なのか,適正か不適正か等を考えるのに必要な能力 成年後見制度には,法定後見制度と任意後見制度の2種類があり,また,法定後見は本人の判断能力の程度に応じて後見,保佐,補助の3つの類型に分かれています。 ただし、二親等内の親族がない場合であっても、三親等内又は四親等の親族で申立てをする人の存在が明らかなときは、原則、市長は申立てを行いません。

15

成年後見制度利用支援とは? 【地域生活支援事業の成年後見制度利用支援について】

申立てができる人は本人の4親等以内の親族などですが、身寄りがいないなどの理由により、申立てができる人がいない場合は、市長が申立てを行うことができます。 鑑定費用 5万円 本人(成年被後見人等)は、下記の別表のいずれかに該当する必要があります。 Q2 成年後見制度にはどのようなものがあるのですか? A2 成年後見制度は、大きく分けると、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。

成年後見制度利用支援事業/美作市ホームページ

援助の種類・内容• ・ 本人が認知症高齢者,知的障害や精神障害のある方であって,判断能力が不十分であること ・ 本人に法定後見の開始の審判申立てを行う二親等内の親族などがいない,又はこれらの親族が音信不通の状況にあるなどの事情により,親族等による法定後見の開始の審判申立てが期待できないこと。

11

» 成年後見制度利用支援事業とは?

認知症や知的障がい、精神障がい等により判断能力が十分でない状態にあり、財産管理や日常生活等での契約(福祉・医療・介護サービスの利用等)を行ううえで、成年後見制度の利用が必要であるにもかかわらず、申立て費用や成年後見人等への報酬費用が負担できない等の理由で、制度の利用がすすまないといった事態に陥らないために、市が費用の助成を行い、成年後見制度の利用を支援する事業です。 認知症や知的障がい、精神障がい等により判断能力が十分でない状態にあり、財産管理や日常生活等での契約(福祉・医療・介護サービスの利用等)を行ううえで、成年後見制度の利用が必要であるにもかかわらず、申立てをする親族がいない、成年後見人等への報酬費用が負担できない等の理由で制度の利用がすすまないといった事態に陥らないために、市が成年後見制度の利用を支援する事業です。 配偶者若しくは二親等内の親族がない人、又は、親族があっても音信不通等の事情で申立てが期待できない状況にあり、市長が本人の保護のために申立てを行うことが必要と認めた人です。

吹田市|成年後見制度利用支援事業

なお、市長申立 以外の事案の場合は、平成31年(2019年)3月31日以前の期間は、助成対象期間となりません。 また、法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。

10

成年後見制度利用支援事業 狭山市公式ウェブサイト

お問い合わせの際はご注意ください。

16

川崎市:成年後見制度利用支援事業(申立費用・後見人等報酬助成)について

最新のものを使用してください。 具体的には、 次の(ア)~(ウ)の全てに該当する方になります。 以下「審判対象者」といいます。

13