イソップ物語『レンガ職人の話』教えは、目標が大切!でもドラッカーの話?

自分らしい働き方というのは、 3人目のレンガ職人ような考え方(気持ち・感情) が必要となってきます。 もし、自分がやっている仕事が「やらされている仕事」「特に興味がない仕事」だとしたら、その仕事をしてもあなたはシアワセにはなれないかもしれません。

3人のレンガ職人に学ぶ目的意識の大切さ

腰は痛くなるし、手はこのとおり」 男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

4

あなたはあの「3人のレンガ職人」の話の続きを知っていますか?(MAG2 NEWS)

今回は、「3人のレンガ職人の仕事における働きがいを考える」について寓話を通じてご紹介します。 レンガ積みという仕事に対し、大変ポジティブに考えています。

イソップ物語『レンガ職人の話』教えは、目標が大切!でもドラッカーの話?

つまりは生活に かなりゆとりを持てるということです。

17

働く意味とは? 3人のレンガ職人から学ぶ仕事の捉え方

「ああ、オレたちのことかい? オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂を 創っているんだ。 例えば、 トレンドアフィリエイトであれば 毎日毎日ブログの記事を書かなくてはいけません。

18

イソップ逸話「3人のレンガ職人」から働く意味を考える

」 3人のレンガ職人にはそれぞれ仕事の捉え方が違う 3人のレンガ職人は、レンガ積むという仕事を職人Aは「仕事」、職人Bは「昇進・昇格」、職人Cは「天職」と捉えています。 そうした努力を認めてもらえて、今では新規事業開発部の部長に。

イソップ物語『レンガ職人の話』教えは、目標が大切!でもドラッカーの話?

これは、「他者への貢献感」、自分がどれだけ他者に役に立っているかを感じているかの違いによるものでしょう。 その時はまったくもって、スキルも上がらなければやる気もでてなかったと思います…。 3人目は 「歴史に残る素晴らしい教会を建てるんだ!」と答えました。

3人のレンガ職人:谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」:オルタナティブ・ブログ

3人目: 働く意味は世の中への貢献のため 仕事に誇りを持ち、明確な目的がある 同じ仕事でも、捉え方で向き合う姿勢が変わる。 熟練した専門能力は不可欠である。