【閲覧注意】シリア難民の子どもに今、本当に起きていること ― 国連もひた隠す強制的「臓器売買」の超・トラウマ級映像

シェイマは語る。

5

シリア:シリア人からの臓器買取が横行

政情不安や汚職の蔓延が経済危機を招いている。

シリア:シリア人の臓器買い取りが横行

先日、「キャッチ・世界のトップニュース」でその悲惨な実体が伝えられていた。

20

ドキュメント「シリア難民からのSOS」の衝撃(2)「難民女性が“売春”や”人身売買”まで」(水島宏明)

(個人的には自分らでなんとかしようという意識より神に祈るのを優先してるからだと思う。

16

シリア内戦の悲惨な実体

記事のテーマにそぐわないもの• 掃除の仕事をしていたら売春を持ちかけられた。

17

【閲覧注意】シリア難民の子どもに今、本当に起きていること ― 国連もひた隠す強制的「臓器売買」の超・トラウマ級映像

臓器取引には腎臓だけでなく、脾臓と角膜も含まれる。 すぐれたドキュメンタリー制作者は、その人が制作にかかわるとなぜか独特の「色」がつく。 公安への恐怖から物乞いをして買った酒で酔っては家族に暴力をふるっていたのだ。

14

人身取引で子どもの臓器が売買されている実態と海外や日本の支援、わたしたちにできること

取材の対象となったのはシリアの内線で父親と兄弟が殺され、母親と5人の姉妹と一緒に隣国レバノンに逃れてきた10代の少年。 他界した米国のカリスマ創業者も、そうした闇手術を過去に受けたといわれています」と明かす。

2

シリアでの人間の臓器市場:誰が、どうやって、そしていくらで国境を超えて臓器を売ったのか

自分の力で生活できるように。 これほど深刻な現実を難民の生活に迫って伝えるドキュメンタリーは滅多にない。 「シリア難民」という言葉に体温を感じさせる一冊。

3

【閲覧注意】シリア難民の子どもに今、本当に起きていること ― 国連もひた隠す強制的「臓器売買」の超・トラウマ級映像

レバノンは難民条約を批准していないため、政府が保護する公式な難民キャンプが存在していない。 一つひとつのインタビューが「その現場」で撮影されていて、映像取材の技術も超一級品だと言っていい。