コロナワクチン開発中のアンジェス、株価暴落…不安広がる理由 今期50億円赤字予想

各国が開発にしのぎを削る中、日本の立ち位置はどこにあるのか。

日本の”新型コロナ”ワクチン開発はどこまで進んだ?世界の中の立ち位置は…開発者らに聞く

北半球が冬季に入り、新型コロナとインフルエンザの同時流行も懸念される。

16

治療薬やワクチンの開発に乗り出す国内企業はごく一部という現実:日経バイオテクONLINE

米国では1976年、インフルエンザの予防接種キャンペーンが敷かれた結果、ギランバレー症候群(免疫異常による神経系の病気)が100万接種あたり10例の頻度で発生した。 臨床試験のインフラが整っていない貧しい国で、一から試験体制を整えなければならない。 他方、今回のコロナ禍は厚労省にとって、それこそ挽回のチャンスかもしれない。

8

新型肺炎の治療薬・ワクチン開発で日本企業の影が薄い理由

ワクチン開発は、時間との戦いだ。

7

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

今年5月、国産初の核酸医薬となるデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬「ビルテプソ」(ビルトラルセン)を発売した日本新薬も、新型コロナウイルスに対する核酸医薬の開発を検討。

新型コロナワクチン開発、米ファイザーやモデルナに比べ日本が大きく劣る理由

来年1月の開始を予定しています。 ファイザーが開発したワクチンは「メッセンジャーRNA(mRNA)」と呼ばれる新しいタイプである。 「自国分の開発に躍起のアメリカも、物量に余裕ができれば次第に中国と同じことをやり始める。

9