現役生と音校生もたくさん観劇!「吉崎憲治&岡田敬二ロマンチックコンサート」観劇レポ

お芝居のときは、『この曲はこういう気持ちで歌いたい』『こういう動きを付けながら歌いたい』と、演者の気持ちが大切なんです。

4

ロマンチック・レビュー特集

宝塚大劇場にてシリーズ化。 吉崎は「皆さまに愛され口ずさんで頂いたその曲の数々。 岡田:半世紀にわたってミュージカルやレビューの世界に携わっています。

5

吉崎憲治の名曲集、杜けあきらOG&現役生が熱唱!

決して長いわけではなく、歌謡曲は3分間のドラマと言われていますが、先生の曲もそのくらいドラマ性があるんです。 それに、タイトルロールを考えるのが上手です」 杜「生徒としては、先生のお人柄も大きいと思います。 これも、吉崎&岡田の名コンビによる楽曲なんですね。

18

『吉﨑憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート』吉﨑憲治・杜けあき 取材会レポート

何の屈託もない。

10

岡田敬二&姿月あさと取材会レポート

2015年 - 「」(星組 全国ツアー)• 1973年 - 「」(月組)• 特にアメリカ演劇界の第一人者 演出家との共同演出の宝塚版「」、「」は大きな話題となる。 正しくは「土」の下に「口」、「山」へんに「立」と「可」です。

6

岡田敬二とは

宝塚歌劇団創設者・の「清く正しく美しく」のモットーと、女性だけで演じるという特殊性を生かし、美しく華やかで品位をもった作品。

8

岡田敬二&姿月あさと取材会レポート

妖艶で耽美的なプロローグとの差が大きすぎて驚きます。 〝研一生(劇団一年生)〟のときからそうでしたよ。

13

岡田敬二とは

レビュー、「朝日の昇る前に」「この愛よ永遠に TAKARAZUKA FOREVER」「清く正しく美しく」など宝塚歌劇を彩ってきた名曲の数々、時代を反影した主題歌を歌い継ぐスペシャルステージ。

11