メトグルコ錠と一部のメトホルミン錠が自主回収(クラス1)

またダメでした!!が現状です。 今回の自主回収に至った理由や対象ロットをまとめておきたいと思います。 ということですね。

東和と日医工 経口血糖降下薬メトホルミンの一部を自主回収 NDMA検出で クラス1

期間中のご不便ご迷惑を深くお詫びしますとともに、 みなさまのご協力に心より感謝申し上げます。 所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー 4 上記製造販売業者の対応窓口• 厚生労働省がメトグルコ(メトホルミン)を製造している会社ににN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)分析指示 厚生労働省は2019年12月9日、国内でメトホルミン(メトグルコ)を含有している製品を製造販売している15社に対して、原薬に発がん性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が含まれていないかどうか分析するよう指示をだしたことを発表しました。

19

NDMAのまとめ。【メトホルミン回収】│チクチクのお薬手帳

2020年05月28日. 「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルしました。

5

共和クリティケアが受託製造するソフトバック製剤が自主回収

)が微量に検出されたと発表しました。 この度の回収により、患者の皆様ならびに医療関係者の方々に多大なご心配とご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。 こういう時だからこそ過度な買い溜めは控え、より一層安定供給に努めなければなりませんね。

6

厚生労働省がメトホルミン塩酸塩における発がん物質の検出に対する対応についての連絡

ちなみに今回のメトホルミンの安全性については、 いっせい検査の切っ掛けとなった厚労省の通知資料に以下記載がありました。 このNDMAというのが発がん性物質に値するとされているのですが、この物質がメトグルコ錠から検出されたとのこと。

16

メトホルミン製剤の一部ロット自主回収に関して|一般社団法人日本糖尿病学会

GMPはGood Manufacturing Practiceの頭文字です。 なお、承認規格に適合しなかった理由については、社内調査中としている。

【大日本住友製薬/日本ジェネリック】メトホルミンを自主回収‐PTP包装品からNDMA|薬事日報ウェブサイト

NDMAに関しては2019年10月にザンタック錠およびラニチジン錠が含有している可能性が高いとして、自主回収とされた経緯がある発がん性物質です。 特に多いものは下記引用の通りです。 CBnewsからのお知らせ 株式会社CBホールディングス CBnewsおよびCBnewsマネジメントをご購読のお客様へ 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、 誠にありがとうございます。

(緊急)メトホルミン製剤の一部回収について

今回はこんな感じですね。 「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルします。 日本ジェネリックのメトホルミン塩酸塩錠250㎎MT「JG」は自主回収の対象ではありません。

11