世間を騒がせた「賭け麻雀」事件簿 有名プロ野球選手から警察幹部、人気漫画家まで...: J

国会では「国民感情とかけ離れている」と批判が続出。 「オレが死んだあとも女房たちがいるので」と、家族を思って貯金をしているとのこと。 の息子であるがは大の苦手で、全く食べないという(蛭子曰く、魚の刺身は「をつけないと魚の死体を食ってるみたい」との事である)。

「テンピンは合法」黒川検事長がセーフで蛭子能収がアウトだった“賭け麻雀”の境界線|日刊サイゾー

実際に蛭子の噂を聞きつけたは、の『』に「蛭子能収を超えるクズそうそういない説」として検証企画を持ち込み、蛭子のクズエピソードがオンエアされている。

14

「二度としません、賭けてもいいです」黒川検事長に聞かせたい蛭子能収の迷言|日刊サイゾー

、初単行本『』をから上梓、これを機にを退社して漫画家として独立する。

2

逮捕も!? 黒川検事長の「賭けマージャン」は「蛭子能収事件」の10倍悪質だった

「丸い顔は若い人に多いけど、年を取ると、こう、ボテっとしてきちゃいますよね」という鶴瓶の話が面白かったのか、蛭子は「ブッ」と鼻を鳴らしながら笑います。

20

蛭子能収「後になると振り返れない…」麻雀番組で自らの一手思い出せず

娘の史英さんには、しっかりと学歴や技術をつけさせています。

2

世間を騒がせた「賭け麻雀」事件簿 有名プロ野球選手から警察幹部、人気漫画家まで...: J

これだけが唯一、私には救いだった」と当時置かれた心境を回想している。 また高杉は蛭子に借金を断られた経験があるため「蛭子能収はじつは血も涙もない人非人だと思う。 。

15

「テンピンは合法」黒川検事長がセーフで蛭子能収がアウトだった“賭け麻雀”の境界線|日刊サイゾー

特に競艇への情熱は並々ならないものがあります。 奥さんと仲の良い秘訣については「一緒の布団で寝ること」とのことで「俺は夫婦が別々の布団で寝ることが、別れの始まりだと思ってたから、布団を別々にするのだけはタブーにしていた。 巷に氾濫してるをルーツとするようなマンガとは、まったく別のものを見せられたようで、あ、こういうのもアリなんだ、と目から鱗が落ちたような気がしました」と回想している。