『ピアノ』芥川 竜之介 ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

只けふはそれ等は勿論、崩れ落ちた煉瓦やスレヱトも秋晴れの日の光にかがやいてゐた。 いや、「打つた」と言ふよりも寧ろ觸つた音だつた。

9

図書カード:ピアノ

)出来るだけ足を早めて行つた。 わかりやすい例では幽霊とかUFOを信じることですね。

17

図書カード:ピアノ

底本は岩波版旧全集を用いた。

図書カード:ピアノ

おまけに月も風立つた空に時々光を洩らしてゐた。

2

図書カード:ピアノ

のみならず大小さまざまの譜本もかすかに色づいた藜の中に桃色、水色、薄黄色などの横文字の表紙を濡らしてゐた。

14

芥川龍之介の超短編小説『ピアノ』が美しすぎる

現に或家の崩れた跡には蓋をあけた弓なりのピアノさへ、半ば壁にひしがれたまゝ、つややかに鍵盤を濡らしてゐた。 現に或家の崩れた跡には蓋をあけた弓なりのピアノさへ、半ば壁にひしがれたまゝ、つややかに鍵盤を濡らしてゐた。

8

芥川龍之介のピアノについて

ピアノは不相変ひつそりと藜の中に蹲つてゐた。 この小説が発表された大正時代は、楽譜を「譜本」と表現していたのか。 わたしは汽車に乗り遅れぬ為に(煙草の吸はれぬ省線電車は勿論わたしには禁もつだつた。