【森友学園】森友問題で自殺職員が名指し 財務官僚「全員栄転」の仰天|日刊ゲンダイDIGITAL

国や自治体の補助金計約1億7千万円をだまし取ったとして、森友学園の前理事長・籠池泰典(67歳)には懲役5年の実刑判決、妻の諄子には懲役3年、執行猶予5年が言い渡されています。

15

籠池泰典・諄子夫妻の現在は国と裁判中!森友自殺職員の「遺書」公開の影響は?

で記者のジョナサン・ソブルは、森友学園問題を記事で取り上げ、園児に軍歌に歌わせ行進させたり教育勅語の唱和、園長や副園長がPTA会費使途を問題にした保護者(日本人)を民族差別的な言葉で罵ったり呼ばわりしたりやに対する差別文書を配布し、「外国人からの誤解を招く可能性のある表現」を行ったことをウェブサイトで謝罪するなど、の色彩が強く戦前のような愛国教育を行ってることが判明しその実態が批判されている森友学園が日本で政治スキャンダルの渦中にあり、大幅な値引き価格での国有地を取得が疑念が持たれ、の追及にはや・を除去せねばならないので値下げしたとしていると報じた。

7

森友問題「再調査を」署名35万筆突破 自殺職員の妻ら:朝日新聞デジタル

昌子さんの民事訴訟は、「愛する亡俊夫が、なぜ自殺に追い込まれたのか」という真実を知り、赤木さんが自殺の直前に手記を残した願いに基づき改ざんの実態を公にしたいということが目的だった。 「森友学園との国有地売買交渉に携わっていた近畿財務局職員のAさんの自殺です。

10

“花見疑惑”の安倍昭恵夫人

「」、日刊ゲンダイ、2017年3月16日。 83年、朝日新聞社に入社。

16

森友問題、自殺した財務省職員の妻がオンライン署名立ち上げ 1日で9万人以上の賛同者が集まる

情けない。

8

“森友問題” 裁判はじまる ~疑問は明らかになるのか~

俊夫さんの自殺の原因については国は答えませんでした。

10

【森友】財務省と検察がひた隠す「赤木ファイル」の存在…自殺した財務省職員が克明に記録

さらに文春オンラインは急きょ、昌子さんが求める公文書改ざんの再調査に賛成か反対か、アンケート調査を実施したという。 なお籠池泰典は、2017年5月16日によるヒアリングに対し、弁護士や設計業者のやり取りのを提示、「約3m以深には廃棄物がない」とする情報もあった。 人事異動で、改ざんを命じた上司をはじめ、関わった職員が他の部署に異動。

「佐川さんもかわいそう…」森友事件改ざんで財務省職員自殺 妻が佐川氏と国をきょう提訴(相澤冬樹)

報道機関に公開された音声データは去年3月、赤木俊夫さんの自宅を一周忌の弔問に訪れた近畿財務局の直属の上司が雅子さんに話した内容を録音したものです。 」と証言。

12

森友事件で自死 財務局職員の妻がネットで再調査求める署名活動開始(相澤冬樹)

もっとも、財務省幹部に対する告発については、検察の判断ですべて不起訴になり、刑事責任は問われませんでした。 5日後の3月7日、指示を受け、改ざんに関わっていた近畿財務局の職員・赤木俊夫さんが自宅で自ら命を絶ちました。 3月28日に特別補佐のは、安倍昭恵と2人きりになった、「匿名にしてほしい」と言われた、安倍昭恵に100万円の寄付受領に関する留守電を残したという籠池の証言についても、昭恵自身が主張する内容と異なっていると述べている。

16