白血病患者の看護(種類と症状・治療法・看護計画)について

また血液と骨髄中ではリンパ球の数が増加することから、健常な白血球、赤血球、血小板の余地が少なくなります。 非ホジキンリンパ腫の治療• 脳及び脊髄まで拡がった小児急性リンパ芽球性白血病の治療の際は外照射が用いられます。

14

小児白血病は完治するのか?

患者を取り巻く社会的背景によって、更なる計画が必要になる場合があります。

11

小児の血液・リンパのがん

こう丸に対しては、治療法が進歩したことにより、再発の率に特に違いはなくなりました。 また、再発リスクの高いことが予測される場合(ある種の染色体・遺伝子異常を伴う場合や、1コースの化学療法だけでは完全寛解に至らないなど)には、造血幹細胞移植(骨髄移植や臍帯血移植や末梢血幹細胞移植のこと)が行われることがあります。 抗がん剤は日々進歩しており、治療には効果の高いものが使用されるようになります。

3

白血病〈小児〉 基礎知識:[国立がん研究センター 小児がん情報サービス]

他にも異常な血液細胞が全身を めぐ ることにより、リンパ節の腫れ・腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。

小児の血液・リンパのがん

診断された時の年齢、白血球の数、白血病細胞の性質、治療への反応の程度などにより、生存率は異なります。 白血病だと分かった場合、増えた細胞が、リンパ球に分化する細胞か、それ以外の細胞に分化する細胞かを見て、リンパ性、骨髄性に分け、さらに細かく分類します。

白血病〈小児〉 基礎知識:[国立がん研究センター 小児がん情報サービス]

急性前骨髄球性白血病(APL)では、レチノイン酸(ATRAと呼びます)という薬剤と化学療法を併用した治療を行います。 Tリンパ球は感染と闘うための抗体をつくるBリンパ球を補助します。

7