シュツルムファウスト (しゅつるむふぁうすと)とは【ピクシブ百科事典】

構造 [ ] 8cmロケット弾(右) のカバーを転用したとされる直径5cm、長さ1mの製発射筒の上面に簡素なと発射装置を備える。 『』 の岩田が、を奪取しようとした暴徒らに対して使用する。

4

パンツァーファウスト (ぱんつぁーふぁうすと)とは【ピクシブ百科事典】

武装親衛隊が使用した際には主人公らが乗る(役の )「フューリー」に対して撃ち込むが、を展開していたために何発かは外れ、ようやく命中した1発がを貫通、砲塔内に居た装填手のクーンアスの体に命中し戦死させる。

6

パンツァーファウスト勝本とは (パンツァーファウストカツモトとは) [単語記事]

実物とは違い、ピストルグリップとが装着されている。 これは、未燃焼の推進剤から射手を守るための訓練用資材で、実戦で必須とされるものではない。 これは後にを化し、力を200mmにさせた。

■パンツァーファウスト(Panzerfaust、ドイツ)

全長(ロケット弾装着時):1,400mm• ドイツ最大の武器製造メーカーの一つであったHASAG(Hugo und Alfred Schneider AG)のハインリッヒ・ラングワイラーによって開発が進められた。

8

旧日本軍・対戦車攻撃で活躍した兵器BEST5|サバゲーアーカイブ

後方爆風による危険性は他のロケットランチャーや無反動砲同様に存在し、マニュアルでは射撃時に後方10m以内に入らないよう指示されていた。

パンツァーファウスト3

開発して配備したドイツ軍じたい、大した戦果を アテにした 武器じゃないと思って苦し紛れ に使っていました。 のように斜め上向きに固定された発射器を機体の胴体か主翼に搭載し、目標の下を航過する際にのを感知して自動的に発射するように設計されていた。 対戦車榴弾は、弾頭先端のと呼ばれるを伸長させてから使用するが、信管を縮めたまま発射するととして使用可能。

17

パンツァーファウストとは

しかし、未来のには傷一つ付けられず、「ああ、びっくりした」程度で済んでしまう。

16