富士通、スーパーコンピュータ「富岳」の出荷セレモニー

また、11月に開催されたスーパーコンピュータの学会「SC19」に併せて公開されたTOP500掲載システムにおける消費電力性能ランキング「Green500 2019年11月版」でプロトタイプがトップを獲得するなど、高い電力対性能比を達成している。 注4 Society5. 神戸市・ポートアイランドの理化学研究所計算科学研究センターの計算機棟では、装置(ラック)の搬入、設置、稼働のための調整作業等が急ピッチで進められました。

スーパーコンピュータ「富岳」TOP500、HPCG、HPL

劉尭 2020年10月23日. これにより、製品の落下時における破損・変形などを検証する衝突解析試験において、これまで処理することが困難だった1億要素以上の大規模な解析やシミュレーションなどが可能になる。 理研は、世界最高水準の汎用的なシステムを目指す「富岳」の開発主体として、2021年頃の共用開始を目指して開発・整備を確実に進めています。

15

富士通、スパコン「富岳」を利用しがんの浸潤や転移との関連を予測する計算を1日以内で実現

Dongarra博士によって開発された規則的な行列計算による連立一次方程式の解法プログラムで、TOP500リストを作成するために用いるベンチマーク・プログラム。 これは、コデザインという手法であり、今回の栄冠を得たのはそのおかげである」とコメント。

7

スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプがGreen500で世界1位を獲得 : 富士通

1993年に発足し、スーパーコンピュータのリストを年2回発表している。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、部材の調達や工場の稼働への影響が危ぶまれるなかでの作業ではあったが、当初のスケジュールどおりに製造、設置することができた。 従来の米国製CPUの3倍の性能を発揮する。

スーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始 : 富士通

0を実現するAI(人工知能)やビッグデータなどの新しい技術への適用が見込まれます。

10

日本の技術結晶 スパコン「富岳」 システム開発責任者の想いに迫る : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

「京」の名は1秒間に1京(10の16乗)回の計算ができることに由来します。

日本の技術結晶 スパコン「富岳」 システム開発責任者の想いに迫る : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

富岳が最初に取り組んだテーマが、新型コロナウイルス対策であり、どうやったら感染が防げるかといったシミュレーションを行ない、その成果が出ている。

FUJITSU Supercomputer PRIMEHPCシリーズ : 富士通

HPL-AI HPL-AIは、これまで倍精度演算器の能力を測定してきたTOP500やHPCGなどと異なり、人工知能計算などで活用されている単精度や半精度演算器などの能力も加味した計算性能を評価する指標として、2019年11月に制定された新たなベンチマークです。 富士通 理事の新庄直樹氏• 富士通のパーパス 存在意義 は、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことである。

5