スウェーデンの入国制限と最新情報

カナダ• 接触歴の追跡及び一般的な衛生規制の遵守が不可能な 大規模イベントの開催は引き続き年末まで禁止とする。 人が密集する場所では引き続きマスクの着用を強く推奨します。 (1)スロベニア政府が発表するグリーンリスト(往来自由国リスト)に掲載されている国の永住権及び一時滞在許可を有する者(外国人含む)で、かつレッドリスト(往来制限国)掲載の国を通らずに、EU及びシェンゲン域内からスロベニアに入国する者は、入国後の14日間の自主隔離義務が免除されます。

ポーランドの入国制限と最新情報

観劇やスポーツ観戦などの参加人数は、座席指定のある屋内施設では2,500人までとし、常にマスク着用が義務付けられます。 ただし、国内で外国人登録(永住資格を含む)または居所申告が有効な場合には、この措置は適用されません。

14

各国の入国制限や検疫体制について

集会やイベントなどの参加人数は、座席指定のない屋内施設で50人まで、屋外での開催では100人までとなります。 」 その国・地域への渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。 (ウ)隔離義務の例外 上記の隔離規定の例外は以下のとおりです。

10

【コロナ:世界の動き】観光を再開させているヨーロッパ。日本から渡航制限なしで入国できるのは? タイ、ベトナムとの往来再開は「レジデンストラック」から

5段階の警戒レベル別でのコロナ対策を導入 9月24日より施行 オリヴィエ・ヴェラン保健大臣は9月23日に行った会見において、地域ごとに制定された5段階の警戒レベルに応じて新型コロナウイルス対策を施行することを発表しました。

2

海外安全ホームページ: 海外安全ホームページ: 欧州(西側)

(注)6歳未満の子供と障害,妊娠または健康上の理由によりマスク着用が困難な者は免除。

18

ポーランドの入国制限と最新情報

宗教的行事や屋外スポーツ、文化芸術活動等において課されている制限が条件付きで緩和されます。 EU加盟国の市民、および欧州自由貿易連合 EFTA 加盟国の市民• 上記のオランダ政府が指定する国に居住している方以外の方については、滞在許可を持つ方や特定の職業の方などの入国制限の例外の対象となる方以外は、入国することはできません。

15

各国の入国制限や検疫体制について

6月15日からの制限緩和について 6月15日より施行 マクロン大統領は演説を行い、基本的な衛生措置を継続する必要性を説くとともに新たな制限緩和措置を発表しました。

12

オーストリアの入国制限と最新情報

全ての公共スペースではマスク着用が義務付けられます。 日本の外務省の考え方 EUが日本からの渡航を受け入れても、現状は日本から旅行やビジネスの出張でEU各国に行くのはまだ難しそうです。

5