クメン法とは?クメンヒドロペルオキシドを経由してフェノールを合成する方法

) このようにクメンが出来上がります。 過酸化物の存在はヨウ素の遊離で確かめる 過酸化物があるかどうか?については、ヨウ化カリウム水溶液あるいはヨウ化カリウムでんぷん紙に付着させると、無色のヨウ化カリウム溶液が酸化されて単体のヨウ素を遊離します。 こうして陽イオン状態の粒子が減ると、 ルシャトリエの原理が働くことで、 さらに陽イオン状態の粒子が増え、… の連鎖によって反応が進んでいくのです。

15

クメンヒドロペルオキシドとは

しかし、クメン法って別にそれほどおぼえにくい分けじゃなし、むしろ詳しくやった方が覚えにくいので解説はしません! クメンヒドロペルオキシドを酸で分解 このようにクメンヒドロペルオキシドを希硫酸のような 酸を用いて、分解すれば フェノールと アセトンが出来ます。

16

クメンヒドロペルオキシドの熱分解特性

P260 : 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。

クメン法を解説!反応機構・原理を徹底解説! │ 受験メモ

今回は芳香族化合物の分離の解説です。 粒子ごとにエネルギーの高低が違い、 たまたまエネルギーが高いものは化学反応を起こします。

17

クメン法 Cumene Process

そこで、似ていて、かつ、PENの原料合成だから例が多い2,6-ジイソプロピルナフタレンから2,6-ナフタレンジカルボン酸の合成の反応条件を図2に示した。 これがクメンの合成方法です。

15

クメン法 Cumene Process

H314 : 重篤な皮膚の薬傷及び眼の損傷 H371 : 臓器の障害のおそれ H373 : 長期にわたる,又は反復ばく露により臓器の障害のおそれ H341 : 遺伝性疾患のおそれの疑い。

13