破壊神マグちゃん / 上木敬 1巻 感想

現在は信者獲得に動いており、様々な方法で人類への勧誘を繰り返している。 尊大な性格に古風な口調で、一人称は「我」、二人称は「貴様」。 またその肉体には謎が多く、自分の意志や外的要因によって変形する、口の中に広大な空間が広がっており物品を自在に出し入れできる、真っ二つになっても存在を失わず直ちに再生する、切り離された部分を分体に変化させ独自に行動させられる、などの特徴を持つ。

10

ジャンプ「破壊神マグちゃん」がかわいいので癒やされながら面白い【漫画レビュー・感想】

基本的にナプタくんには忠実だが、その一方で元がヤドカリなので知性にも限界があり、策士として作戦行動時には何もしない彼の事を「マグちゃんの手先で、役立たずのゴミ」と認識している(但し、単行本1巻の余ページの落書きにて、ナプタくんから真意を聞いてその考えを改めた……と思われる)。 流々にマグちゃんと名付けられ、同居することになる。 マグちゃんの存在をすんなりと受け入れたほか、ナプタークを店のアルバイトとして雇う。

19

破壊神マグちゃん (はかいしんまぐちゃん)とは【ピクシブ百科事典】

5本の腕のうち1本を頭部に、2本を脚に見立てて二足歩行する。 評価 コメディ漫画の王道であるいわゆる『人外相棒』系の漫画であり、邪神と言うアンダーグラウンドの方面に仕える題材を採っていながら、下ネタやブラックジョーク等の人を選ぶ要素は薄く、内容的には尖った要素はない。

5

【海外の反応】破壊神マグちゃん 第13話 の感想 【少年ジャンプ】

この、言葉と行動のギャップこそマグちゃんの愛らしさで、かわいさです。 イズマ・キサラギ を着た少年。 他にも宙を浮遊する、遠隔地から物品を召喚する、自らの体を液体に変化させて狭い場所に潜り込むなどの能力を見せている。

1

破壊神 マグちゃんが打ち切りになる可能性は?

単行本が重版するくらい売れるとなると そう簡単に打ち切りにならないと思うし、 アグラビティ ボーイズなんかも 掲載順が下位の常連となってるけど 幾度も打ち切りの危機を回避しているは 単行本が重版しているのも 理由の一つなんだろうと思うし。 マグちゃんはプロフィール帳をもらい、信徒=友達を増やそうとする。 マグちゃんというキャラを上手に操っているなあ。

3

【ジャンプ29号感想】破壊神マグちゃん 第1話 少女 宮薙流々 : ジャンプ速報

マグちゃんたちにとっては自分が封印された元凶を生み出した裏切り者であり、に傾倒した言動が理解できないこともあって、胡乱な存在と見なされている。 ほかの邪神や聖騎士も、流々の町へとやって来る。 力を失った破壊神と一人の少女の奇妙な共同生活が始まった。

18

【最新刊】破壊神マグちゃん 2

初対面の相手から、知性が低そうだと言われることが多く、そのたびに憤慨している。

9