ただものではない海洋生物『タコ』が持つ特殊能力4選 まさに忍者!

無類のタコ好きで、自ら「タコ(ちゃん)」という愛称を付けている。 しかも、逃げる際に切り離した足は再生するのに、ストレスで自ら食べた場合は再生しないという特殊な体質。 — Mieke Roth []. 買うだけ買ってまだ手を付けていないタコの本、読んでみよう。

11

たこつぼ型心筋症

すると、 その指令を受けたそれぞれの足が判断するというカラクリです。

ただものではない海洋生物『タコ』が持つ特殊能力4選 まさに忍者!

次はナイルクロコダイル 現在、私はこれとよく似た、しかしずっとエキサイティングな作品に取りかかっている。 片手での観察は結構無理がある。

4

たこつぼ心筋症

私はタコの体を開き、系統的にすべての器官や構造体を識別した。 1番目の色素保有細胞が様々な色を、2番目の虹色素胞は周囲の色を真似る色、3番目の白色素胞は色の発色が良くなるための下地の色を作っています。

心臓が3つに脳が9つ?! タコの“エイリアンみたいな”すごすぎる生態

人間と同じように、タコもストレスで自傷行為をしてしまうらしい!? これは海の中でも高い知能を持っている証拠といえるのかもしれないが、高い知能がゆえにストレスを感じてしまうなんて、少しかわいそう…。 イカとタコの心臓に関する雑学 イカとタコは心臓をそれぞれ3つもっている。 タコの中まで最も長生きすると言われるミズダコでも3年~5年ほどしか生きられない不遇の存在。

5

たこつぼ型心筋症 (たこつぼがたしんきんしょう)

しかし、これらの地域でも、現代では南欧料理やアジアの料理(日本の寿司など)が入ってきており、タコを食べる機会は増えてきている。

16