となりの凡人組

大阪の鬼神組面堂組長が若頭加藤に殺され、さらにその後獣竜組の片梨と抗争を始めて勢力を伸ばし始める。 あらすじ 凡人組組長・凡野平太郎 倉田保昭 は娘の仁子 中山忍 に、自分が全国の修羅どもを震撼させた伝説の極道であることを18年間も隠し通していた。

8

新田たつお

一方で関東鉄騎の武闘派芹沢は最後の意地とばかりに凡野に奇襲をかけるが、花子が盾となり戦意を喪失し、自首した。 大物ヤクザとも知り合いが多く、結婚式や就任式なども重要な席を任せられる。 凡野とは関西時代に同じ組で凡野の戦闘能力の高さを恐れている。

17

となりの凡人組 1

しかし古手川は失敗し逆に由香利の息子の達也が捕まる。 凡人組VS. 新宿では大親分だが何度も関西の侵攻を受けている。

10

新田たつお

昔ヤクザに騙されて売春をしていたがその時に凡野に助けられている。 度胸は十分で鬼神組の加藤をモデルガンで脅すことをして見せた。

こちら凡人組

しかしその正体は新宿の凡人組の大親分である。 加藤 『となりの凡人組』に登場する。

こちら凡人組

東京に進出し、企業舎弟を使い武器に運び屋をさせて抗争を有利に進めていた。

14

となりの凡人組3

凡野は全国制覇を成し遂げる。 しかし水戸の大親分が凡野を辞退させる。

20