老齢年金と障害年金 60歳から、65歳からの障害年金~障害年金.com

A ベストアンサー > 未納状態にはたしか時効があったと思い出しました。 例えば昭和29年5月5日生まれの男性は、61歳から厚生年金の「報酬比例部分」の年金が支給され、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取るという流れになります。

19

障害年金と厚生年金は一緒にもらえる?

上述した併給調整のしくみがすべてですから、ケースワーカーの説明は無視していただいて結構です。

15

障害年金と他の給付との併給調整

弟は未成年の時 高卒 で1年弱働いていたので、親の扶養から外れたことはないと思います。 の受給権があること• 更新により障害状態の認定を受け続けることによって、障害状態である限りはを受給し続けられる仕組みになっています。

20

障害年金と老齢厚生年金の併給について

逆に、国民年金に未納期間があって老齢基礎年金の受給権を得られないという方は、障害基礎年金を受給し続けることになります。 していないこと• (障害厚生年金が支給されることになります。

13

65歳以上でも障害年金の請求が可能なケース :社会保険労務士 飯塚泰雄 [マイベストプロ大分]

Aさんと異なるのは、障害厚生年金をもらえる人は老齢厚生年金の繰り下げはできないという点です)。 老齢年金額は、国民年金も厚生年金も保険料の納付期間と保険料の額に依存しますので、老齢年金を受け取れる年齢になる前に年金を受給したかどうか、というのは老齢年金額には影響を与えません。

障害者は老齢年金増額の特例あり? [年金] All About

Cさんの場合には、障害厚生年金だけよりも老齢基礎年金+老齢厚生年金の方が受給額が多いと思われますので、後者を選択することが多いと思われます。 平成19年4月1日においてすでに65歳以上で遺族厚生年金を受給していた場合、かつ、同日においてすでに65歳以上の者は、次のパターン1からパターン3のうち、いずれかの組み合わせを選択することになります。 あなたの考えは、な~んにもおかしくありません。