本日の予定【経済指標】

0 08:50 10-12月期 四半期法人企業景気予測調査・大企業製造業業況判断指数(BSI) 0. 一方でインターネットを利用した支出総額や光熱・水道は大きなプラスを示す。 二人以上世帯を対象にした値である 月単位の調査は単身世帯や総世帯では行われていない。 他方、宅配便の取り扱い個数は5月ではプラス14%に。

11

経済指標カレンダー(12/10~12/17)

特にショッピングセンターではテナントの休業が多く、営業再開を果たしても外出自粛は続いていることもあり客入りは今一つで、売上が激減したままとなっている。 外出自粛の動きが強まったためと思われる。

15

新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年8月1日時点)(不破雷蔵)

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 20年 0. 鉄道の旅客数は3月に入ると2割近く、4月には4割台のマイナス。

12

ビール類、増税減税の影響は アサヒビール九州統括本部長に聞く戦略【9月の九州地区主要経済指標表付き】(qBiz 西日本æ

注 「 大 震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。 さらに4月7日には7都道府県に緊急事態宣言が発出され、16日には対象地域が全都道府県に拡大されたことで、外出自粛の動きはさらに強まり、また自主休業を行う店も増え、売上は減少する形に。 6月でマイナス15%にまで回復したものの、まだマイナスの域にある。

新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年8月1日時点)(不破雷蔵)

交通・通信の下げ幅が縮小しているのは、通信費が拡大したからだろう。 注 記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。 今後逐次公開された値を反映させ、状況を確認していくことにしよう。

【日本】国内企業物価指数

携帯電話は2020年1月の時点ですでに大きな減少を示し、2月がピーク。 外食も一気にマイナスに転じ、大きな下げ方を見せる。

5