PowerPointで動画の再生中に別の音声を流す方法

標準表示モード スライドを編集するモード で、スライドのオーディオ アイコンをクリックします。 作成した字幕ファイルは、できます。

3

PowerPointで動画の再生中に別の音声を流す方法

[ リハーサル] を使用して、既に記録されているナレーションや動作に影響を与えずに、スライド間のタイミングを変更します。

PowerPointで動画の再生中に別の音声を流す方法

よくある例は、PowerPointファイルを、 USBメモリやCD-R等の記録媒体(記録メディアについては、 を参照してください)に保存してプレゼン先に持って行き、いざPowerPointのスライドショーを開始すると、動画や音声が再生されないという例です。 新しいバージョン: [クリックシーケンス]機能は、 PowerPoint 2016と新しいバージョンでのみ使用できます。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。

7

PowerPointで動画の再生中に別の音声を流す方法

「メディアの圧縮」というボタンがありますが、じつは、PowerPoint上からも挿入したコンテンツファイルを圧縮する(画質や大きさを調整してサイズを小さくする)ことができます。

3

パワーポイントでだけ音が出ない

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 スライドを切り替えるタイミングとナレーションをビデオに含めるかどうかを指定する タイミングとは、「画面切り替え」タブの「自動的に切り替え」のチェックボックスをオンにして設定したスライドショーでスライドを切り替える際の時間のことです。

11

パワーポイントに挿入した動画にアニメーション効果またはナレーションを追加します

エクスプローラーで、使用する音楽ファイルを見つけ、[ 挿入] を選びます。

14

パワーポイントで音楽を挿入する方法!BGMなど音声ファイルを有効活用

種類を表示する 全画面またはウィンドウで表示します。 エクスプローラーで、使用する音楽ファイルを見つけ、[ 挿入] を選びます。