スイスイ分かる! 「新学習指導要領」スーパーガイド 第7回「社会科」

新学習指導要領では、「社会的な見方や考え方」から、「社会的な見方・考え方」に変化しました。

小学校「社会科の目標」解説を縦横に読む | Note&Board

(2)思考力,判断力,表現力等 (2)思考力,判断力,表現力等 社会的事象の特色や相互の関連,意味を多角的に考えたり,社会に見られる課題を把握して,その解決に向けて社会への関わり方を選択・判断したりする力,考えたことや選択・判断したことを適切に表現する力を養う。

10

今一度社会課題を整理しよう! 社会的課題・社会的問題一覧まとめ

イ グローバル化する国際社会 「 グローバル化する国際社会」とは,人,もの,資本,情報,技術などが国境を越えて自由に移動したり,組織や企業,国家など様々な集合体の役割が増大したりしていく国際社会を指している。 それぞれの価値観合わせてまとめれば、日本特有社会問題に関する感覚もあると思うので完全なグローバル標準ではありませんが、だいたいイメージをができると思います。

20

263 「社会科的な見方・考え方」とは?(「豊かさ」シリーズ4)

ア 広い視野に立ち 「 広い視野に立ち」は,中学校社会科の目標に示されている文言であり,小学校社会科から中学校社会科への接続・発展を意図している。 算数・数学 -数学的な見方・考え方とは- 「数学的な見方」は、事象を数量や図形及びそれらの関係についての概念等に着目してその特徴や本質を捉えることであると考えられます。

12

小学校「社会科の目標」解説を縦横に読む | Note&Board

日本の社会問題ってどんなものがあるのだろう、というレベルの人にはめっちゃ有効な資料になると思います。 小学校・中学校各教科等の目標の解説 「小・中学校「教科等の目標解説を縦横に読む」シリーズ」は,下のボタンより閲覧できます。 なお,これまで「小学校学習指導要領解説 社会編」等で「公民的資質」として説明してきた, 「 平和で民主的な国家・社会の形成者としての自覚,自他の人格を互いに尊重し合うこと,社会的義務や責任を果たそうとすること,社会生活の様々な場面で多面的に考えたり,公正に判断したりすること」 などの態度や能力は,今後も 公民としての資質・能力に引き継がれるものである。

6

98 社会的事象をみる

小学校社会科の社会的な見方・考え方,すなわち 社会的事象の見方・考え方とは, 位置や空間的な広がり,時期や時間の経過,事象や人々の相互関係などに着目して(視点), 社会的事象を捉え,比較・分類したり総合したり,地域の人々や国民の生活と関連付けたりすること(方法)です。 これらの「思考力,判断力,表現力等」は, 問題解決的な学習過程 において相互に関連性をもちながら育成されるものと考えられる。

14

今一度社会課題を整理しよう! 社会的課題・社会的問題一覧まとめ

(3)学びに向かう力,人間性等 (3)学びに向かう力,人間性等 社会的事象について,よりよい社会を考え主体的に問題解決しようとする態度を養うとともに,多角的な思考や理解を通して,地域社会に対する誇りと愛情,地域社会の一員としての自覚,我が国の国土と歴史に対する愛情,我が国の将来を担う国民としての自覚,世界の国々の人々と共に生きていくことの大切さについての自覚などを養う。 例えば、小学校第5学年「米作りの盛んな地域」の学習では、「国内で米の生産量が多い地域はどこか」を中心課題として設定し、まず米の生育条件と関連させながら自然条件との位置的・空間的な対応関係(地理的条件)を捉えさせます。 小学校 社会科の目標 1 教科の目標 (1)目標 社会科の目標 社会的な見方・考え方を働かせ,課題を追究したり解決したりする活動を通して,グローバル化する国際社会に主体的に生きる平和で民主的な国家及び社会の形成者に必要な公民としての資質・能力の基礎を次のとおり育成することを目指す。

スイスイ分かる! 「新学習指導要領」スーパーガイド 第7回「社会科」

地球儀の特徴は, 平面地図に比べて,大陸や海洋, 主な国の面積や相互の位置関係をより正確に捉えることができることである。 」 (2)目標の構成 小学校の教育課程において,教科の役割や性格を明確にし,表現しているのが,教科の目標である。 そのため「課題を追究したり解決したりする活動を通して」と目標の柱書部分に位置付けられている。

6

98 社会的事象をみる

(続く). また、中学校社会科では各分野の特質に応じたそれぞれの「見方・考え方」として整理しました。 「社会的な見方・考え方」は、課題を追究したり解決したりする活動において、社会的事象などの意味や意義、特色や相互の関連を考察したり、社会に見られる課題を把握して、その解決に向けて構想したりする際の「視点や方法」である。 小学校の社会科は,第3学年からの4年間を通して社会生活や国家及び社会について総合的に理解することを通して,公民としての資質・能力の基礎を育成することをねらいとしている。

5