吾輩は猫である

肝心 ( かんじん )の母親さえ姿を隠してしまった。 『吾輩ハ猫デアル』下、大倉書店、1907年5月19日、218頁。

3

吾輩は猫である。名前はまだない。この続きはどういう文章になるんで...

」から始まる物語です。 第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで 薬缶 ( やかん )だ。 この間おさんの三馬(さんま=魚のサンマのこと)を偸(ぬす)んでこの返報をしてやってから、やっと胸の痞(つかえ)が下りた。

10

5分で分かる『吾輩は猫である』!登場人物、あらすじ、結末から名作を解説!

我々は自らの滑稽を知らねばならない。

3

5分で分かる『吾輩は猫である』!登場人物、あらすじ、結末から名作を解説!

「一昨夜もちょいと合奏会をやりましてね」と寒月君はまた話しをもとへ戻す。 吾輩が車屋の黒と 知己 ( ちき )になったのはこれからである。

【3分で本の要約と解説】吾輩は猫である① 第1章 著:夏目漱石 風刺の効いたサザエさんみたいな話

吾輩は都の西北にあるという大学に進み、文学を学んだ。 一樹の蔭とはよく云(い)ったものだ。

19

『吾輩は猫である 名前はまだない とは言い切れない』ー 映像が公開されました

それらが一様に病もうと努力していた。

【3分で本の要約と解説】吾輩は猫である① 第1章 著:夏目漱石 風刺の効いたサザエさんみたいな話

ありがたいありがたい。

9