山梨県/こころの発達総合支援センター(発達障害者支援センター)

また、面接相談は予約制のことが多いです。 事業内容 相談支援 日常生活(コミュニケーション、行動上のこと、学校や職場でのこと等)のさまざまな相談に応じ、福祉制度の利用の仕方や関係施設・関係機関の紹介をします。

2

子ども発達相談センター

近くに発達障害者支援センターがない場合 住んでいる地域に発達障害者支援センターがない場合は、最寄の児童相談所、市町村の福祉事務所、保健所に問い合わせてみてください。 対象 区内在住で主に就学前の乳幼児とその家族および関係機関の人 申し込み 電話による相談 随時受け付けています。

浜松市発達相談支援センター ルピロ

平成27年4月1日より、希望が丘学園内にあった「発達障がい支援センターのぞみ」は、「岐阜県発達障害者支援センター」と名称を変更し、岐阜県障がい者総合相談センターの中に移転しました。

3

相談窓口の情報:発達障害者支援センター事業内容

必ず予約をして相談に行きましょう。

7

子ども発達支援センターさくらんぼ園 発達相談室|東京都北区

普及啓発事業 区民の発達障害についての知識及び理解を深めるため講演会や各種講座などを開催します。

発達相談センター

ここでの発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、ADHD(注意欠如・多動性障害)、その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものを指すことが多いです。 対象 区内在住の未就学児 土曜発達相談会 就労などで平日に来所できない人を対象に、土曜日の相談会を開催しています。 ご家族や支援者等を対象に、発達障がいに関する研修会を企画したり、普及啓発を行ったりしています。

12

発達相談センター

また、普段から発達障害を支援する保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関の職員や、都道府県及び市町村の行政職員などを対象に研修を行います。

4

発達相談センター

専門スタッフによる相談 福祉 育児全般について、遊び方などの相談 心理士 発達全般や情緒的な問題、集団への適応などの相談 言語聴覚士 ことばの遅れや聞こえなど、コミュニケーションに関する相談 理学療法士 首のすわり・はいはい・歩行などの運動発達の遅れや運動の問題に関する相談 作業療法士 運動のぎこちなさ、手先の不器用さ、感覚の過敏さなどに関する相談 保健師 医療的な問題や健康管理などに関する相談 上記以外に小児科医・児童精神科医・整形外科医による相談にも応じます。

11